MENU

海外でフリーWIFIスポットにアクセスするのは危険!?【知らないと損】

旅行などで海外に行った際には、フリーWifiを使う機会もあるでしょうが、無料でアクセスできるからといって、どこでもフリーWifiを使用するのは危険です。

 

なぜなら、フリーWifiを使うことで、個人情報が漏れてしまったり、特定のサイト(銀行や証券会社、オンラインショッピング、SNSサイトなど)のIDやパスワードが盗まれる危険性があるからです。

 

フリーWifiというのは、その名のとおり無料でアクセスすることができるWifiなので、基本的にパスワードなしで不特定多数がアクセスすることができてしまいます。

 

危険

 

もちろん、空港などでは登録が必要であったり、ホテルではパスワードをかけている場合もありますが、街中のホットスポットやカフェ、レストラン、交通機関などでは、パスワードなしでアクセスできてしまうところも多いのが現状です。

 

Youtubeなどの動画を見たり、軽いネットサーフィンをするくらいなら、フリーWifiでもいいでしょうが、上述したような、銀行で引き落としや振り込み、オンラインショッピングでカード情報を入力するときなどは、注意しなければいけません。

 

というよりも、フリーWifiでは、そのような行為は禁物です。

 

また、最近はスマホ経由でフリーWifiにアクセスするケースが多いのですが、アンドロイド端末の場合は、暗号化されていないアプリが結構あるため、そのようなアプリは使わないほうがいいでしょう。

 

海外でインターネット接続すうrならセキュリティ対策をしっかりしよう!

スマホは危険

 

フリーWifiを使わずに、海外で安全にインターネットにアクセスするなら、VPN(Virtual Private Network)を使うか、もしくは海外用のWifiレンタルが断然オススメです。

 

世界各国のVPNサーバーに接続することで、その国のIPアドレスが割り当てられ、通信が暗号化されるので、盗聴などのセキュリティ対策となります。

 

もちろん、無料Wifiよりも接続がスムーズになり、ブラウジングなどが快適なのは言うまでもありません。

 

管理人もいくつかの無料VPNを試しましたが、接続がすぐに切れたりして不安定なので、有料のVPNをオススメします。

 

海外でもいろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス【セカイVPN】

 

海外から日本の固定IPに繋げられる!(安心・安全のマイIP)

 

なおVPNサービスは海外旅行時だけでなく、日本国内でも、もちろん使えますし、セキュリティ面で重宝しますので登録しておいて損はありません。

 

そして、やはり定番は、あらかじめ日本でレンタルできる海外用Wifiですね。

 

出国前に空港でレンタルして、帰国時に空港で返却と、申し込みが簡単で身軽なのも人気の理由ですね。

 

⇒海外旅行で安全にインターネットを使うのに、海外用レンタルWifiをオススメする理由とは?