MENU

オーストラリアのWiFI事情について語ろう

現在私は、オーストラリアのクイーンズランド州にあるゴールドコースト(Gold coast)に住んでいます。

 

ゴールドコーストといえばオーストラリアの観光都市の一つで、日本(成田)からの直行便もあるので、旅行や観光で訪れる人も多いです。

 

また、ワーキングホリデー制度を使って1〜2年滞在する人も多いですね。

 

私は、オーストラリアにかれこれ10年ほど住んでいますが、今回は2017年時点での、オーストラリアのWifi事情についてまとめます。

 

ちなみに、ゴールドコーストは都会すぎず、田舎すぎず、といった趣の都市です。

 

シドニーやメルボルンなどの大都市と比べるとWifi事情は多少異なるかもしれませんが参考にしてみてください。

 

サーファーズパラダイスの街並み

 

オーストラリアのフリーWifiの精度はまだまだ低い!?

 

まず、結論から言いますと、オーストラリア(ゴールドコースト)のWifi事情は日本に比べると、まだまだ遅れていると言わざるを得ません。

 

一応、Wifiのホットスポットは街中や、ホテル、レストラン、カフェ、スーパーマーケットなどにあり、フリーWifiに接続することができます。

 

登録方法は、Eメールで、フェイスブック経由などで割りと簡単にできます。(いくつかの質問に答えたりするような面倒なものもありますが・・・)

 

具体的なお店では、マクドナルトやハングリージャックス(オーストラリアの有名なハンバーガーチェーン)、スターバックス、ザラファスやグロリアジーンズコーヒー(オーストラリアのコーヒーチェーン)などなど。
※ローカルのカフェやレストランなどもフリーWifiを提供していることがありますが、パスワードをお店の人に教えてもらわないと繋げない場合があります。

 

ただ、問題なのは、Wifiの接続環境が良くない場合も多く、接続がすぐに切れてしまったりすることもあるので、その都度再接続しなくてはいけない場合もあります。

 

また、場所によってはWifiの接続状態が良くないせいか、つながった状態でも動画はおろか、ウェブブラウジングもまともにいかなかったり、SNSの投稿や閲覧もページをキャッシュするのに時間がかかって、サクサク見れなかったりします。

 

実際、レストランやカフェで撮った写真をインスタなどにアップするのにも一苦労だったりするのです。

 

これは、結構イライラしますね〜。

 

旅行中の方も、できればその場でSNSにアップしたいのに、後でホテルに帰ってからまとめてやならきゃいけなくなりますからね。

 

SNSへの投稿

 

今のところはそんな状況なので、在住者の私はWifiホットスポットがある場所でもWifiにはつながずに、契約回線を使って4G(LTE)や3Gにつないでいます。

 

そのほうが確実につながるからです。

 

また、オーストラリアは日本の都市に比べると小さく、15分ほど歩いて都市部から離れると、ほとんど店がないエリアなどがたくさんあります。

 

また、観光や旅行で来る場合には、いろんな場所を移動し、Wifiスポットが全くないエリアに行くことも多々ありますので、確実にネット環境が欲しい場合には、現地でSIMを購入するか、日本から持ってきたスマホや携帯をローミングで使うか、レンタルWifiを使うしかありません。

 

現地でSIMを購入するのは、英語を使う必要があったり(説明書も英語です)、登録方法が面倒くさかったり感じる人もいると思います。

 

また、日本のスマホをローミングで使う場合は、パケ代を気にしなければいけないので、余計なストレスがかかります。

 

とすると、やはり旅行で来る場合、オーストラリアでネット環境をキープするには、レンタルの海外用Wifiがベストと思いますね。

 

ご参考まで。

 

⇒海外用WIFIを当日借りる方法とは?